• ピアノのお手入れ
  • 2022.11.29

    ピアノのお手入れってどうしてますか? ピアノの軽い手入れは毎日しています。 練習やレッスンが終わった後に、ピアノ用のクロスを使って指紋を拭き取ります。 基本的に […]

  • 学校での伴奏の機会
  • 2022.11.07

    中学校で、ピアノを習っていると先生に言ったら合唱コンクールで伴奏することになりました。 なにか秘訣やコツはありますか? まず伴奏をやります、とお返事したことが素 […]

  • どんなピアノを買えばいいですか?
  • 2022.10.08

    ピアノ教室に通い始めたばかりの生徒さんからよく聞かれる質問です。 住宅事情や予算にもよるので、今習っている先生とよく相談されるのが一番よいと思いますが、私からは […]

  • 音高の授業について
  • 2022.09.23

    前回、音高の受験科目についてお話ししましたが、今回は入学した後の授業について。 今回はご紹介するのは、音楽の専門科目のひとつ、音楽理論です。 音楽理論では、音楽 […]

  • 音高の受験科目について
  • 2022.09.15

    前回、進路を選ぶ際に音高という選択肢があることをお話ししました。 今回はもう少し具体的に、音高を受験する時にどのような準備をするのかお話しします。 私が受けた時 […]

  • 音楽高校の受験について
  • 2022.09.10

    9月に入り、中学3年生のみなさんは受験に向けて一生懸命お勉強されている時期かと思います。 進路の決め方は人それぞれですが、音楽の場合はどうでしょうか。 多くの方 […]

PROFILE

ダリ・インスティテュート「ピアノ教室」
塩川 正和
ダリ・ピアノ教室主任講師

福岡第一高等学校音楽科卒業。在学中に福岡県高等学校音楽文化連盟コンクールにてグランプリ、ショパンコンクール in Asia 協奏曲C部門九州大会金賞、北九州芸術祭クラシックコンクール一般の部において最年少17歳で大賞及び県知事賞を受賞するなど、コンクールにて研鑽を積む。
また、ボルドーにて開かれたユーロ・ニッポンミュージックフェスティバルに招待演奏者として参加し、ソロ曲及びシュピーゲル弦楽四重奏団とシューマン作曲のピアノ五重奏曲を演奏し好評を博す。

フランスのパリ・エコールノルマル音楽院にフジ・サンケイスカラシップの奨学金を受け授業料全額免除で入学。
20歳にて同校の高等教育課程ディプロムを、翌年には高等演奏課程ディプロムを取得。
エクソンプロバンス・ピアノコンクールにて3位受賞、フラム国際コンクール及びフォーレ国際コンクールにてファイナリスト。

ラヴェル等のフランス印象派の作曲家作品を中心としたリサイタルやアルベニス作曲の組曲「イベリア」の全曲演奏を行うなどのほか、デュオや伴奏活動も積極的に行っている。
北九州芸術祭、長江杯国際コン クール等にて優秀ピアノ伴奏者賞を受賞。

現在は東京を中心に演奏活動を行い、ダリ・インスティテュート(ダリ・ピアノ教室)での指導のほか、日本各地で後進の指導にあたっている。
これまでにピアノを黄海千恵子、故宝木多加志、ブルーノ・リグット、イヴ・アンリ氏に、室内楽をクロード・ルローン氏に師事。

PAGE TOP